柳楽優弥、映画「ドラえもん」出演に歓喜! 冒険に行くなら『月に行きたい』

柳楽優弥、映画「ドラえもん」出演に歓喜! 冒険に行くなら『月に行きたい』

柳楽優弥がドラえもん愛を語った

3月1日(金)公開の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の完成披露舞台あいさつが2月11日に開催され、ゲスト声優を務めた広瀬アリス、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ)、柳楽優弥、脚本の辻村深月、八鍬新之介監督らが、ドラえもんたちと共に登壇した。

ゲスト声優の柳楽は「子供の時から大好きな『ドラえもん』に参加させていただき、本当に光栄です」と笑顔を見せ、完成した作品を見て「毎回楽しみにしてるんですけど、今回特に大好きだなと思ったのが、友情を描いてるところですね」とアピール。

また、のび太から「もし僕たちと大冒険に行けるなら、どこに行きたいですか?」と聞かれ、「月に冒険に行きたい。普通に歩いてみたいですね」と願望を明かした。

■ 中岡が印象に残ったのは…

小さい頃から「ドラえもん」を見ていたという中岡は、本作を見て「心から楽しめました。想像力が大事とか、いろんな要素を自然と教えてもらえるいい映画」と感想を。

そんな中岡はドラえもんとのび太とNASAにロケットを見に行ったそうで、ジャイアンから「何が印象に残った?」という質問も。

ロケ日が誕生日だったらしく「申し訳ないですけど、のび太とドラえもんに誕生日ケーキで祝ってもらい、一緒に写真を撮っていただいたんです。日本全国民がうらやむことをしていただいて。NASAとか全く関係なく、それが一番うれしかったし、忘れられないです」と満面の笑みで振り返った。

そして、映画「ドラえもん」に3年連続で声優出演している高橋は「今までの作品、全部見てきます。去年の作品がむちゃくちゃ面白かったので、『さあ今年どうなるか』と思ってたんですが、めちゃくちゃ面白かったです。この作品に関われて最高だなと思いました」と白い歯を見せた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)