空手の経験が僕にとってキーポイント。柔軟性・バランス力が野球に生かされました。元プロ野球選手・田中浩康(後編)│子どもの頃こんな習い事してました #20

空手の経験が僕にとってキーポイント。柔軟性・バランス力が野球に生かされました。元プロ野球選手・田中浩康(後編)│子どもの頃こんな習い事してました #20

空手の経験が僕にとってキーポイント。柔軟性・バランス力が野球に生かされました。元プロ野球選手・田中浩康(後編)│子どもの頃こんな習い事してました #20の画像

 スポーツ界の第一線で活躍しているアスリートに、幼少期の習い事について訊く連載。自身の経験を振り返っていただき、当時の習い事がどのようにその後のプレーに活かされたか、今の自分にどう影響しているかを伺います。

 小学生のころから空手と野球を始め、陸上大会にも借り出されて出場していたという田中浩康さん。空手の経験は野球に大いに役立ったと語ります。現役の間もオフシーズンに陶芸やクラシックバレエなど野球と関連のない分野にチャレンジし、トレーニングに生かしていました。その理由とは?

前編:野球は4番ピッチャー、空手や陸上でも活躍したスポーツ万能少年。でも中1でプロの夢は断念。元プロ野球選手・田中浩康(前編)

空手で左右のバランスを整えることでけがを予防

――子どものころ野球以外にも空手や陸上も得意だったそうですが、一般的に親御さんとしては子どものさまざまな習い事、スポーツから何をメインとして選んでいくか難しいところです。

……続きをMELOSで読む

関連記事(外部サイト)