活動内容に不満のオンパレード! PTAにムカついた瞬間4選

活動内容に不満のオンパレード! PTAにムカついた瞬間4選

活動内容に不満のオンパレード! PTAにムカついた瞬間4選

(maroke/iStock/Getty Images Plus)

保護者と教職員で構成される社会教育関係団体、PTA。2018年は全国組織が発足後70周年を迎える「節目の年」だった。

長年続いている組織だが、最近は不満の声も少なくない。加入を半ば強制されることもあるそうで、「面倒くさい」「共働きで時間が取れない」など父兄から苦情が殺到。ある自治体では「代行サービス」も登場しているという。

■PTAにムカついたことがある?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代〜60代のPTAを知っている人659名に、PTAについて調査を実施。

「ムカついたことがある」と答えた人は男性32.0%、女性50.4%という結果に。なんと女性の半数が、PTAにムカついているのだ。

■PTAにムカついた瞬間

どのようなときにPTAにムカついたのか。複数の人に聞いてみた。

(1)TV番組へのクレーム

「自分たちのが子供の頃はドリフターズが全盛期。『8時だよ全員集合』や『ドリフ大爆笑』を楽しく見ていたのですが、PTAからのお達しで『見てはいけない』といわれ、親から見せてもらえなかったことがある。

たしかに今見ると女性の裸体や志村けんの露骨な下ネタ、そして食べ物を粗末にするなど『ちょっと』と思うこともあったけれど、そこが面白かったし、それを見て成長した部分もあった。突然『ダメ』といわれたのは、ショックだったし納得がいかなかった」(40代・男性)

(2)好きな先生を左遷された

「小学生のとき、授業そっちのけで事業中にギターを弾いてみんなで歌う先生がいて、人気者だった。もちろん、ちゃんと授業もしていたのに、1学期が終わると担任を外され、他の学校に移っていってしまったんです。

まだ小さかったけど、いなくなった理由がPTAからのクレームと聞いた。今思っても優しくて良い先生だったのに、どうしてそんなことをするのかと腹が立つ」(30代・女性)

■ママからも怒りの声

(3)夜の呼び出し

「やりたくないのに委員をやらされ、平日の19時くらいに『緊急会議がある』とファミレスに呼び出しがかかった。行ってみると単なる井戸端会議で、他人の悪口ばっかり。自分はそういう話題が嫌いなので黙っていた。

時間の無駄だし、かと言って行かないと悪口を言われる。これのどこが子供のための団体なの?」(40代・女性)

(4)露骨なマウンティング

「私はシングルマザーでフルタイム勤務しているため、PTAには選ばないでほしいと希望を出していた。ところが『兼業主婦が免除されるのはおかしい』と言い出した人がおり、無理やり委員をやることに。仕事で会合に出席しないとクレームの嵐だし、出ても幸せアピールのマウンティング。

子供がいじめられるのが嫌なので、意地になって委員を勤め上げたけど、本当にムカついた」(40代・女性)

創立から70年経過し、日本の家庭環境も大きく様変わりしているが、PTAの活動内容はほとんど変わっておらず、不満を訴える人が多い。

時代に即していないと言わざるをえないPTA。今一度、その「存在」と「意義」を見直すべきかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の「PTAを知っている人」659名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)