高額商品は“妄想トーク”で売れ!

人を動かすには「15秒で伝える」ことを心がける!
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊、『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!』。
この著書の発売を記念して、研修などで教えているノウハウや、すぐに使えるワザをご紹介します!
営業職はもちろん、部下や上司とのコミュニケーションで悩んでいる人は必見です。

■思わず買ってしまう!“妄想トーク”とは?

この連載の第1回はコチラ

前回の「販売でのクロージングのコツ」はコチラ

高額商品を買ってもらう場合、最後の決め手は相手の「欲」を刺激することです。

その商品の価値を理解したり、納得をしても、この「欲」に火が付かないと高いお金を払ってまで「買いたい!」とならないからです。

私が投資用不動産の販売をしている時には、その「欲」に火を付けるために、最後は15秒以内で相手の印象に残る言葉を残すようにしていました。

まずは、お客様がどういった欲を持っているのかの理解から始める必要があります。

1年目に全く売れなかったときは、その欲をあまり理解していませんでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)