鈴木拡樹、アニメ声優初挑戦・舞台と多忙の中で“今いちばんホッとするとき”

鈴木拡樹、アニメ声優初挑戦・舞台と多忙の中で“今いちばんホッとするとき”

鈴木拡樹 撮影/森田晃博

“マンガの神様・手塚治虫”が描いた未完の傑作『どろろ』が50年ぶりにアニメ化され現在放送中。3月には舞台版の上演も決定し注目を集めている。アニメと舞台の両方で主人公・百鬼丸を演じるのは鈴木拡樹さん。新たなチャレンジとなる出演のオファーが来たときの心境を尋ねると。

「本格的にアニメの声をやったことがなかったので驚きましたね。でも、こういう機会はそうないだろうと思いましたし、自分の経験にもなるし楽しまなきゃ損だなと。両方を精いっぱい楽しめたらいいなと思っています」

『どろろ』は、戦国時代が舞台の物語。生まれる際に12体の鬼神(=人間の目では見えない化け物)に奪われた身体を取り戻すために旅をしている全身作りものの男・百鬼丸と、幼い盗賊のどろろが主人公だ。ともに旅するようになる2人の絆、鬼神との闘いや乱世の人々とのかかわりを描いている。

 子どものころ好きだった手塚作品は『ジャングル大帝』と『三つ目がとおる』だと言う鈴木さんの今作の印象は?

「手塚さんの作品の中でも異色の作品といわれているものですが、原作は今回のお話をいただくまで読んだことはなかったです。でも妻夫木聡さん主演の実写版映画を見ていたので世界観は印象に残ってました。そのときは百鬼丸が奪われた身体の部分をどんどん取り戻して人間に近づいていくっていう設定が希望に感じとれたので、冒頭からワクワクして見られたんです。ただ調べていくうちに、怖がられるようなおどろおどろしい雰囲気もある作品だと知って、僕が最初に見てた感覚とはちょっと違うところもあったんだなと思いましたね。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)