「妊娠はウソ」「最低ランク女優」......メーガン妃がネット上で受けているいわれなき罵り

<昨年ハリー王子と結婚したメーガン妃へのバッシングは、妊娠してからひどくなるばかり>

昨年5月に英王室のハリー王子と結婚して「サセックス侯爵夫人」となったメーガン・マークルは、王子と付き合い始めて以降、ネット上のトロール(荒らし)から悪質な攻撃を受けてきたが、最近それがエスカレートしている。

その内容は、ハリー王子との結婚やメーガン妃の妊娠、他の王室メンバー、特にウィリアム王子の妻キャサリン妃との関係に関するもの。メーガン妃はアメリカのテレビ番組『SUITS/スーツ』にもレギュラー出演していた人気女優だが、ネット上のバッシングは極めて悪質だ。

あるツイッターユーザーは、妊娠中のメーガン妃のお腹の膨らみを嘘だと決めつけている。このユーザーは最近もメーガン妃を侮辱し、「妊娠はフェイク」という最悪のデマを流した。

今月初めにこのユーザーが投稿したツイートはこうだ。「誰かメーガンに教えてやってくれない? 本当に妊娠した女性は、ボトックス注射とかヒアルロン酸注入とかしない#moonbump(妊娠偽装)#fakepregnancy(フェイク妊娠)」

<関連記事>ツイッター、メーガン妃支持派が英王室批判で炎上「英王室はケイトしか守らない」

別のツイッターユーザーは、複数のメーガン妃の写真に「moon bump(妊娠偽装)」のハッシュタグを付けて投稿し、メーガン妃が妊娠しているはずがないと主張する。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)