TKO木下隆行に夜逃げで転校11回の過去 父親が会社をつぶしてしまい借金が1億円

TKO木下隆行に夜逃げで転校11回の過去 父親が会社をつぶしてしまい借金が1億円

記事まとめ

  • お笑いコンビTKO木下隆行は4歳ぐらいから福岡や大阪を転々として、中学までに11回転校
  • 借金で一家心中を考えた夜、泣きながら家族で食べたのが『鶏ムネ肉と白菜の鍋』だった
  • この鍋は、のちに年商20億円となる「きのしたグループ」の看板メニュー「鉄板鍋」に

TKO木下、借金取りから夜逃げで転校11回…泣きながら家族でつついた貧乏鍋

TKO木下、借金取りから夜逃げで転校11回…泣きながら家族でつついた貧乏鍋

TKO 木下隆行さん

◆「カネ返せ」「ウジ虫」「殺すぞ」扉には借金取りの張り紙が

「ウチは、おとんが会社をつぶしてしまって借金が1億円もあったんですよ。4歳ぐらいからですか、福岡や大阪を転々として、中学までに11回、転校を繰り返したほどで。要は夜逃げですよ。だから普通なら貧乏ネタの一つや二つあってもいいんですけど……僕は『貧乏だけど、お坊ちゃま』だったんです」

 莫大な借金、育ち盛りの4人の子供。一時は一家心中寸前まで追い詰められていた。それなのにTKO木下隆行さんは深刻な貧乏状態に気づかなかったという。

「もうね、家族が僕に必死に隠していたからですよ。僕は4人兄姉の末っ子でしょ。見えっ張りなおとんが『タカ坊には気づかせるな』と。だって夏休みには、毎年、家族全員で旅行するんですよ。誕生日やクリスマスもちゃんとやっていた。誕生日に超合金のロボットをねだって、普通に買ってもらえるんです。お年玉だって中学のときかな、3万6000円も集まった。超合金持ってて、お年玉で買い食いする貧乏な子はいないでしょ」

 そんな「貧乏隠し」の生活を維持するために父親は借金を重ねていたという。木下さんは「夜のドライブ」と「謎の10分」のエピソードを語る。

「時折、夜になると『みんなでドライブ行くぞ』と2時間ぐらい車で出かけるんです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)