’19年「野球番付」決まる。丸(巨人)&秋山(西武)が大関にW昇進! 松坂、根尾・吉田輝は?

’19年「野球番付」決まる。丸(巨人)&秋山(西武)が大関にW昇進! 松坂、根尾・吉田輝は?

発行元の塩村和彦代表(右)と新選考委員で大阪桐蔭高野球部OBの杉森氏

日本でプレーするプロ野球全選手の番付を決める「2019年日本野球界番付編成会議」が2月9日、大阪市内のホテルで開かれた。この会議は前年の日本プロ野球(NPB)全選手の成績や過去の実績を相撲の星取りに換算し、毎年3月に大相撲番付と瓜二つの「番付表」として発行しているもので、今年で27年目となる。

 今年も全国から集まったマスコミ関係者や、野球ファン、相撲史研究家など約30人の好角家ならぬ「好球家」が約5時間にわたって、口角泡を飛ばすガチンコ議論を繰り広げた。

 去年、内川聖一が横綱に昇進し編成会議は大いに湧いたが、今年は広島から移籍した丸佳浩(巨人)と秋山翔吾(西武)がそれぞれ関脇から大関に同時昇進、来季以降の横綱昇進を視野に入れた。

 小結だった山田哲人(ヤクルト)と浅村栄斗(楽天)、前頭筆頭だった柳田悠岐(ソフトバンク)がそれぞれ関脇に昇格。幕内12枚目だった菅野智之(巨人)は’18年の成績が「幕内全勝優勝」と認定され、小結へと大きくジャンプアップした。また、西6枚目だった筒香嘉智(DeNA)が同時に小結への“初の三役昇進”を果たした。

 発行元の野球界番付社の塩村和彦代表(58歳)は「大関に2人同時昇進したことは素晴らしい。ソフトバンク・西武などパ・リーグ勢の躍進が目立ちますね」と新大関の誕生を喜んだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)