若手台頭のレアルに復調の兆し。欧州4連覇も「不可能ではない」

若手台頭のレアルに復調の兆し。欧州4連覇も「不可能ではない」

若手台頭のレアルに復調の兆し。欧州4連覇も「不可能ではない」の画像

「たしかにレアル・マドリードにはスター選手が大勢いるけど、結局はチームありき。チームを超える選手はいない。それだけ巨大なクラブなのさ」

 現役時代にインタビューしたとき、サンティアゴ・ソラーリ現監督は、レアル・マドリードでプレーする意味について、そう答えていた。

「自分は”王者のクラブ”でプレーする幸せを感じているよ。大勢の人々の尊敬の眼差しを受けるんだから、誇りだよ。もちろん、負けることは許されない。それを受け入れられないなら、このクラブではやっていけないよ。ネガティブになることもあるけど、自分は楽観主義者なんだ」

 ソラーリは監督としても、その境地でマドリーを率いているのだろう。

 2月13日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16。レアル・マドリードは欧州4連覇に向けて、オランダの伏兵アヤックスと対戦する。簡単な相手ではないが、指揮官ソラーリは虎視眈々と勝利を伺う。

「アヤックスは伝統的に若手を育て、登用し、攻撃的サッカーを信奉している。今も競争力は高い。勝利の条件? 我々がレアル・マドリードの歴史にふさわしい戦いをすることさ」


アトレティコ・マドリード戦でドリブル突破を見せるヴィニシウス・ジュニオール

 昨年11月、チームは混迷のなかにあった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)