「人生の苦み」を味わうドラマ〜「獣になれない私たち」

ギャラクシー賞月間賞:
「獣になれない私たち」

10月10日〜12月12日放送
22:00〜23:00
日本テレビ放送網

 周囲に気を遣ってばかりで自分をすり減らしている晶(新垣結衣)と、一見世渡り上手に見えるが根っこは不器用な恒星(松田龍平)。同じビアバー「5tap」の常連同士という二人の関係に、晶の恋人・京谷(田中圭)や恒星の元恋人・呉羽(菊地凛子)、そして京谷の元恋人で訳あって彼の家に棲みついている朱里(黒木華)らが絡み、それぞれの人生が少しずつ変化していく。スタート前は「獣になれない私たち(の恋愛ドラマ)」かと思っていたが、終わってみれば「獣になれない私たち(へのエール)」だった。  現実からは簡単に逃げられないし、目の前に立ちはだかる敵の姿もはっきりとは見えない。そしてなにより「わかっていても、できない」ことが“獣になれない”彼らを内側から少しずつ傷つけていく。それを否定も肯定もせず、各自がどう自分のなかで折り合いをつけていくかを丁寧に紡いだ野木亜紀子の脚本を、役者陣もまた丁寧に演じていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)