今後は「アイスクリームつくります」 柔道・松本の引退会見一問一答

今後は「アイスクリームつくります」 柔道・松本の引退会見一問一答

引退会見で、花束を手に笑顔を見せる松本薫=7日、東京・広尾(撮影・中井誠)

 “野獣”の異名を取った柔道女子57キロ級でロンドン五輪金メダル、リオデジャネイロ五輪銅メダルの松本薫さん(ベネシード)が7日、東京都内で引退会見を実施。穏やかな表情で、現在の思いを語った。

 −−6歳から始めた競技人生を振り返って

 私にとっての柔道は、目標や夢を達成するためのもの。柔道を通して成長することができた。

 −−一番の思い出は

 ロンドン五輪の金メダル。家族や仲間、会社のみんなが泣きながら「おめでとう」と言ってくれ、とてもうれしかった。

 −−これからの目標は

 アイスクリームをつくります。12日に東京・高田馬場にお店がオープンするので、準備を急ピッチで進めている。忘れていると思うけど、ロンドン五輪後に最初に言ったのは「パフェを食べたい」。体に良くて、みんなを笑顔にできるアイスクリームを作りたい。

 −−東京五輪を目指す後輩たちにエールを

 後悔しないように頑張れ! それだけです。

 −−将来、指導者への道は

 求められればやる。何かあれば、アドバイスをしたい。

関連記事(外部サイト)