PC作業からくる肩こり腰痛は"ブリーフケース"で予防できちゃう!?

PC作業からくる肩こり腰痛は"ブリーフケース"で予防できちゃう!?

PC作業からくる肩こり腰痛は"ブリーフケース"で予防できちゃう!?の画像

移動中の電車の中やカフェ、公園のベンチや自宅のリビングなど…ノートパソコンが1台あれば、どこにいても仕事ができる便利な時代になりました。でもパソコンを長時間使い続ける弊害としてツラい肩や首の凝り、背中や腰の痛み、猫背にストレートネックなど、さまざまな症状で人知れず悩んでいる人が増加中。これらすべては、姿勢に問題があったりするんです。

正しい姿勢を維持しながら、仕事がサクサクはかどるビジネスマン待望のアイデアグッズが登場しました。

クラウドファンディング・GREENFUNDINGにて支援受付中の「MOBICASE(モビケース)」(2万900円〜)は、人間工学的に正しい姿勢でPC作業を可能にする、特許出願中のスタンド機能を搭載したノートPC専用バッグです。

PC作業の正しい姿勢は、ディスプレイは目線の下位置が理想で、40cm以上の距離を離す必要があるとされています。しかし実際は、うつむき加減で前かがみになった姿勢のまま、ディスプレイを凝視し続けている人がほとんど。この状態では背骨(脊椎)本来のカーブがなくなり、首よりも頭が前に出て猫背が強くなります。

首や背中、腰に過度のストレスがかかり、筋肉が緊張することで、血のめぐりが悪くなり、首や肩のこりや痛みを招く原因になっているのです。

ですが「MOBICASE」があれば、高さ調整スタンドでアッという間にノートPCのスクリーン位置を20cmまでアップさせ、正しい姿勢を保てます。もちろん、効率よく作業が進められるようにバッグ本体や内部にもさまざまな工夫が。

ノートPCをケース内に固定して落下や衝撃から守り、メッシュポケットにガジェット一式を収納できるので、どこへでも気軽に持ち運べます。

2月7日現在、GREENFUNDINGにて13インチ用が2万900円、15インチ用が2万2300円で支援受付中です。

>>?GREENFUNDING「MOBICASE」

 

[関連記事]
ビジネス用のMacBookはちゃんとしたレザーケースで持ち運びたい!
いい天気!よし外で仕事しよう!膝上スタンドだってあるしね

PCケース?いえいえ、これほぼバッグインバッグです

(文/&GP編集部)