バター輸入枠を5割増、マーガリンから切り替え進む

 農林水産省は平成31年度のバターの輸入枠を今年度に比べて5割以上拡大する。業務用を中心にマーガリンからバターへの切り替えが進んでいることや、バターの原料となる生乳の生産量が減っているため。一方、農水…

記事全文を読む