障害年金の受給には「医師の診断書」がカギを握っている

前回の『抗がん剤の副作用でも「障害年金」はもらえる!』では、がんの患者も障害年金をもらえることを紹介した。 障害年金は、眼や聴覚、手足など、身体に重い障害が残った人がもらうものというイメージがあるが、…

記事全文を読む