吉田輝星のおかげ?高野連が「1試合100球限定」を正式協議へ

 「2月20日」が、高校野球の分岐点になりそうだ。 昨年末、新潟県高校野球連盟は投手が1試合に投げられる投球数を制限すると決めた。1試合当たりの球数を100球までにするという。2019年春季大会に限定…

記事全文を読む