片山さつき「口利き疑惑」で漏れてきた「永田町秘書“タブー行状”」公開!

片山さつき地方創生相の『口利き疑惑』を週刊文春が報道 秘書が全責任をとる可能性

記事まとめ

  • 安倍改造内閣の目玉である片山さつき地方創生相の『口利き疑惑』を週刊文春が報じた
  • 片山さつき氏は疑惑を否定し、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めて提訴した
  • 片山さつき氏の秘書が全責任をとる公算らしく、トカゲの尻尾きりとの声もでている

片山さつき「口利き疑惑」で漏れてきた「永田町秘書“タブー行状”」公開!

片山さつき「口利き疑惑」で漏れてきた「永田町秘書“タブー行状”」公開!

片山さつき「口利き疑惑」で漏れてきた「永田町秘書“タブー行状”」公開!

 安倍改造内閣の目玉人事と目された片山さつき地方創生相。ところがフタをあければいきなりの「口利き疑惑」が発覚したのだ!

 キッカケは10月18日発売の週刊文春で、国税庁への口利き疑惑が報じられたこと。政治部記者が解説する。

「2015年に片山氏の私設秘書が会社経営者から確定申告を巡る相談をされ、100万円を受け取った後に片山氏が国税庁関係者に電話を掛けたというのが記事の内容。報道後、片山氏は記者団に『口利きしたことはなく、100万円を受け取ったことも全くない』と話し、秘書に責任を押しつけて幕引きをはかろうとしています」

 口利き疑惑報道を否定した片山氏は、名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めて提訴。このまま時間の引き延ばしで、初入閣で得たポストにしがみつく作戦だ。しかも秘書は、このまま全責任をとる公算が高い。つまり「トカゲの尻尾きり」で政治家は知らぬ存ぜぬを貫こうとしているのである。

 だがこれは永田町ではごくごく日常的な光景だ。そうした実態に秘書たちが立ち上がり「ブラック業務」ぶりを10月30日発売のアサヒ芸能11月8日号でぶちまけている。ブラック企業も真っ青のあくどい実態の全貌とは──。

関連記事(外部サイト)