築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!

築地跡地に中国巨大マネーが乗り出しか 韓国では徴用工、慰安婦問題の蒸し返し

記事まとめ

  • 小池百合子東京都知事は1月中に、築地跡地の再開発計画について表明するとされている
  • 築地跡地を狙って中国の成金たちが動き出し、札束野心で乗っ取ろうとしているらしい
  • 韓国と日本はレーダー照射問題、徴用工、慰安婦問題を巡り、日韓関係が危惧されている

築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!

築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!

築地に忍び寄る中国巨大マネー!中韓「当り屋国家」との決別法を大研究!

 隣国というだけで、韓国と友好関係を築くのはそろそろあきらめたほうがよさそうだ。「レーダー照射問題」では“加害者”にも関わらず逆ギレとウソのオンパレード。解決済みの「徴用工」や「慰安婦問題」まで蒸し返し、聞く耳なんてゼロ。一方、それを横目に中国の成金たちが、築地跡地を狙って動き出し、札束野心で乗っ取ろうとしているのだ──。

 1月15日発売の週刊アサヒ芸能1月24日号では、この「隣人」たちの「野望」について、詳報している。

 中でも注目すべきは1月中に、小池百合子東京都知事が、表明するといわれる築地跡地の再開発計画についてだ。

 これまでは一貫して、跡地の長期貸付の方針を掲げていたが、ここにきてトーンダウン。売却も視野に入れることを発言したことで、国内で行き場をなくした中国の巨大マネーが、跡地開発に乗り出すというのだ。その驚くべき戦略については、前出のアサヒ芸能で徹底レポートしている。

関連記事(外部サイト)