歴代総理の胆力「犬養毅」(1)歯に衣着せぬ毒舌家

歴代総理の胆力「犬養毅」(1)歯に衣着せぬ毒舌家

歴代総理の胆力「犬養毅」(1)歯に衣着せぬ毒舌家

 大正・昭和初期の戦前を通じてのわが国の政党内閣は、原敬に始まり、以後14年を経、この犬養毅(号・木堂(ぼくどう))の昭和7(1932)年5月15日の「五・一五事件」での暗殺をもって終焉することになる。その後、軍の力の台頭を許し、太平洋戦争終結の戦後になって、改めて議会制民主主義が確立されることになる。

 その意味では、原から犬養までの9代の首相は、それぞれの力量をもって、置かれた環境の中で精一杯「民主主義」を模索したことは認めざるを得ない。犬養はそうした戦前の「最後の政党内閣」の総理大臣であり、憲政擁護運動をもって尾崎行雄(号・咢堂(がくどう))とともに「憲政の神様」と称されたのだった。

 この「憲政の神様」2人は、ともに「演説の達人」としても知られ、東京朝日新聞の論客で知られた記者当時の中野正剛(のちに衆院議員。割腹自殺をした)いわく、「咢堂が雄弁は珠玉を盤上に転じ、木堂が演説は霜夜(そうや)に松籟(しょうらい)を聞く」と評した。すなわち、犬養のそれは一言一句にムダがなくの理路整然、迫力十分ということだったが、一方で歯に衣着せぬ毒舌家でもあった。このあまりの毒舌家ぶりに、犬養の友人たちは犬養の千代夫人に対し、「(犬養が)出掛けるときには、必ず口を慎むように言ってくれ」と忠告したものだった。毒舌が、無用な政敵をつくるとの心配からであった。

 さて、その犬養はジャーナリスト出身の政治家だった。福沢諭吉の慶應義塾を中退すると、報知新聞記者を手始めに、東海経済新報の発刊、朝野(ちょうや)新聞記者などを経て、政界入りしている。東京府会議員を経、明治23(1890)年7月に第1回衆院選挙に初当選、以後、昭和5(1930)年の18回総選挙まで連続当選を果たした。ジャーナリストから政治家への転身ぶりは、原敬のそれに酷似していると言ってよいのである。

 衆院議員となった犬養は、改進党、立憲国民党、革新倶楽部といったように、長く万年野党で過ごした。その犬養は正義感、義侠心に富み、無欲の人、高節の士としても知られ、金権腐敗まかり通る中で、万年野党党首として政党資金を集めることもしなかった。ために、妻の千代があちこちからカネを工面、一方で自然と接するのが好きで建てた静岡県の二宮、伊豆の別荘も結局は売り払い、党資金に回したのだった。

 なるほど、カネのない党首のもとには、野党と言えど人は集まらず、13年間続いた立憲国民党は常に20人程度の議員しか抱えられなかった。そうした中での犬養の意地が表れているのが、「政党の離合集散は、一に主義、政策の異同によって決すべし」という言葉であった。主義や政策以外の条件での合流や離散を、頑として認めなかったということだった。

 一方、「犬養政治」は、対外的には欧米諸国からアジアの自立を目指した「アジア主義者」の立場が基本であった。また、「中国と言えば犬養」と言われたように、革命家の孫文と親交を持つなど、日中間の橋渡し的存在でもあった。さらには、国内的に男子の普通選挙にメドをつける一方、婦人の参政権への理解もあった。その間、閣僚として、文相、逓信相を歴任したあと、自らが率いた革新倶楽部を政友会と合同させたところで、政界を引退してしまった。悠々自適の隠遁生活を望んだ犬養だったのである。

 ところが、出身地・岡山の選挙区の強い懇請あって、わずか2カ月足らずで政界復帰となり、やがて、政友会総裁に就任した。その総裁就任から2年後の昭和6(1931)年12月13日、外相兼務で犬養内閣を組織するに至る。時にじつに76歳であった。

■犬養毅の略歴

安政2(1855)年4月20日、備中国(びっちゅうのくに・岡山県)庭瀬(にわせ)生まれ。第1回衆院選で当選(以降、18回連続当選)。立憲国民党結成、政友会総裁を経て、外相兼務で内閣組織。総理就任時、76歳。昭和7(1932)年「五・一五事件」で青年将校に射殺される。享年77。

総理大臣歴:第29代1931年12月13日〜1932年5月16日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

関連記事(外部サイト)