立憲民主党除籍処分の高井崇志議員に意外な角度から「擁護の声」が!

立憲民主党除籍処分の高井崇志議員に擁護の声も 「何をやってたかは個人の自由」

記事まとめ

  • 高井崇志衆院議員が緊急事態宣言発令後に東京・歌舞伎町の女性が接客する店で遊興
  • 所属していた立憲民主党に離党届を提出したが除籍処分となり、批判の声が続出した
  • ろくでなし子氏は「怒られて仕方ないが、何をやってたかは個人の自由」とツイートした

立憲民主党除籍処分の高井崇志議員に意外な角度から「擁護の声」が!

立憲民主党除籍処分の高井崇志議員に意外な角度から「擁護の声」が!

立憲民主党除籍処分の高井崇志議員に意外な角度から「擁護の声」が!

 高井崇志衆院議員が4月15日、所属していた立憲民主党から除籍処分に処せられた。高井議員は政府が緊急事態宣言を発令した2日後の、4月9日に、東京・歌舞伎町の女性キャストが接客するお触りがOKの店で遊興。この夜遊びについて4月16日に週刊誌に記事がことがわかると、離党届を提出したが、党本部は「議員辞職に値する」として受理せず、最も重い処分となる除籍処分を下したのだ。

 コロナ禍の中で、高井議員が濃厚な夜遊びをしていたことは、枝野幸男代表が指摘したように「国会議員としてあるまじき行動」には違いない。有権者からは支持政党を問わずに批判の声が続出しているが、一部ではそんな高井議員に対する応援の声もあるという。それはいったいどんな内容なのだろうか。

「アーティストのろくでなし子氏は高井議員個人の名前は避けつつ、《国会議員が夜の街に繰り出すのは怒られて仕方ない》と前置きしたうえで、《何をやってたかは個人の自由で、そこ責めるとこじゃないよ》とツイート。高井議員が遊興した店は一般人も通うところであり、そこで遊ぶこと自体を責めるのはお門違いだと指摘しています。この意見に賛同するリプが多数寄せられているんです」(週刊誌記者)

 その高井語録。4月14日付の「デイリー新潮」では「犬になりたい」「踏んづけられたい」との発言が伝えられており、片や同日付の「文春オンライン」によると、責め責められのプレー懇願に女性キャストが性行動の異常を示す言葉でもってからかうと、「それは最高の褒め言葉」とのパワーワードを発していたという。

「いまや全方面から最低だ、気持ち悪いなどと責められまくっている高井議員ですが、ネット民からは《それは最高の褒め言葉だから効果ないよ》と格好のネタにされてしまっています」(前出・週刊誌記者)

 それにしてもあまりにも間が悪い濃厚接触だった。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)