「コロナ終息は250年後」!安倍政権がひた隠す「衝撃データ」とは?

「コロナ終息は250年後」!安倍政権がひた隠す「衝撃データ」とは?

「コロナ終息は250年後」!安倍政権がひた隠す「衝撃データ」とは?

 日本のコロナ禍は第2波に備える次のステップへと入った。だが実は、国民にはおよそ声を大にして発表できない「衝撃データ」を、安倍政権も政府の専門家会議メンバー達もひた隠しにしている。

 その「不都合な真実」を、感染症専門医、ウイルス学者、政府関係者ら4人の専門家が「週刊アサヒ芸能」で爆弾暴露している。

 発端となっているのは、6月16日に厚生労働省が公表した新型コロナウイルス抗体検査の結果だ。東京、大阪、宮城の3都府県の住民7950人を対象に実施(6月1〜7日)したもので、抗体陽性率は東京が0.1%(1971人中2人)、大阪が0.17%(2970人中5人)、宮城が0.03%(3009人中1人)。3都府県の平均値で見てもわずか0.1%である。

 つまり、実に99.9%もの日本人がいまだ新型コロナウイルスに感染していないという驚愕の実態が浮かび上がってきたのだ。

 この「異常なまでに低い感染率」からわかるのは、要するに、やれ医療崩壊だ、やれ外出自粛だ、やれ休業補償だ、やれ給付金だと、あれだけ大騒ぎしていたにもかかわらず、実は「日本ではまだ何も起こっていなかった」という事実。第2波、第3波どころか、日本では第1波さえ来ていなかったのだ。

 日本の総人口は約1億2000万人。うち0.1%が新型コロナに感染していたとすれば、感染者数は現時点で12万人という計算になる。一方、同じく現時点での死亡者数は約1000人であり、死亡率は約0.83%ということになる。

 ここからわかるのは、日本における新型コロナウイルス感染症による総死亡者数は、最終的には100万人前後にまで達してしまうこと。さらには、総人口の5〜7割の感染で終息するとされる「集団免疫の形成」の考え方によって、ウイルス禍が終息するまでには、3000カ月かかることになる。年に換算すれば、実に250年。気が遠くなるような計算結果だった。

 この、テレビ・新聞では報じられない「不都合な真実」のより詳しい全容は、6月30日発売のアサヒ芸能7月9日号でレポートされている。

関連記事(外部サイト)