プーチン重病説が再燃「小刻みな震え」「立つのもままならない」厳戒態勢

プーチン大統領、12日の演説で脚が小刻みに震える? 姿勢を維持するのも苦労か

記事まとめ

  • ロシアのプーチン大統領は、これまで度々「健康不安説」が指摘されてきた
  • 12日には脚が小刻みに震えているように見え、姿勢を維持するのも苦労している様子
  • 病気が明らかになれば政権存続が危うくなるため、政府は最後まで隠し通すという

プーチン重病説が再燃「小刻みな震え」「立つのもままならない」厳戒態勢

プーチン重病説が再燃「小刻みな震え」「立つのもままならない」厳戒態勢

プーチン重病説が再燃「小刻みな震え」「立つのもままならない」厳戒態勢

 ロシアプーチン大統領の“重病説”が再燃している。

 これまでたびたび「健康不安説」が指摘されているロシアのプーチン大統領。5月14日放送の英スカイニュースでは「確かな情報」として、プーチン氏が「がんやその他のがん」を患っていると報道。また“血液のがん”に罹っているとの情報もあるという。

 そんな中、6月12日の「ロシアの日」にクレムリンで開催された式典の動画が公開。立った状態で演説するプーチン氏は脚が小刻みに震えているようにも見え、姿勢を維持するのも苦労している様子だった。

「これまでプーチン氏には、がんやパーキンソン病など様々な病名が浮上していますが、なんらかの病気に罹っていることは間違いないと見られています。これはロシアの男性の平均寿命自体が68.2歳と短く、プーチン氏が69歳であることを考えても不思議ではない話。ただ、病気が明らかになれば即、政権存続が危うくなるため、政府は最後まで隠し通すでしょうね。一説には病がバレないように、プーチン氏の“排泄物”を全て回収しているという話まであります。各国の諜報機関が水面下で様々な動きを見せていますから、尿の一滴すら晒すわけにはいかないのでしょう」(政治ジャーナリスト)

 寿命と戦況に行き詰まった殺戮王が、これ以上の暴挙に出ないことを祈るばかりだ。

(ケン高田)

関連記事(外部サイト)