高市早苗“次期総裁候補”が自ら吹聴していた「オトコ爆喰い履歴書」とは!?

総裁選出馬表明の高市早苗氏、過去に自伝的エッセイ 恋人との“ベッド事情”明かす?

記事まとめ

  • 高市早苗元総務相は、自民党総裁選の出馬表明というサプライズ発表をぶち上げた
  • 高市氏は過去にエッセイ「30歳のバースディ─その朝、おんなの何かが変わる」を出版
  • 「この本には恋の話をいっぱい書くことにした」とベッド事情まで明かしているという

高市早苗“次期総裁候補”が自ら吹聴していた「オトコ爆喰い履歴書」とは!?

高市早苗“次期総裁候補”が自ら吹聴していた「オトコ爆喰い履歴書」とは!?

高市早苗“次期総裁候補”が自ら吹聴していた「オトコ爆喰い履歴書」とは!?

 自民党総裁選の出馬表明というサプライズ発表をぶち上げ、永田町で渦中の人物になっているのは、当選8回の経歴を持つ高市早苗元総務相である。

 これにより「菅降ろし」の候補に加わった高市氏だが、決断までの舞台裏では安倍晋三前総理とのこんな“密談”があったという。

「93年初当選同期で仲が良いこともあり、高市氏は安倍前総理を高く評価。次の総裁選に出るように何度もプッシュしていたんです。ただ安倍前総理は『辞めたばかりですぐは無理』と頑なに拒否。それで『じゃあ、私が出る!』という流れになりました。それからは月刊誌で出馬表明するため、総理になった時にどんな国を目指すのか、用意周到に持論を準備して掲載したのです」(自民党関係者)

 9月19日に『美しく、強く、成長する国へ。─私の「日本経済強靱化計画」─』(ワック)の緊急出版も決定し、高市氏は日本初の女性総理に向けてヤル気を漲らせている。

 もちろん政策集の中身は気になるが、その前に国民が知っておきたい「幻」の本もあった。高市氏の初めての自伝的エッセイ「30歳のバースディ─その朝、おんなの何かが変わる」(大和出版)である。

 実は高市氏の公式ホームページにある「著書・共著・編著」欄ではなぜか紹介されていないエッセイだ。

 読み進めると、

〈この本には恋の話をいっぱい書くことにした〉

 と、宣言し、恋人との”ベッド事情”まで明かしている何ともアケスケに甘酸っぱい「オトコの履歴書」が展開されていくのだが…。高市氏の“幻のエッセイ”に綴られた自分にまっすぐ正直とも言える“男爆喰い”な素顔と総裁選の行方については、8月24日発売の「週刊アサヒ芸能」9月2日号で詳報している。

関連記事(外部サイト)