【築地市場移転延期】地下空洞にたまった地下水に有害物質で市場労働者の健康被害懸念

記事まとめ

  • 豊洲市場の地下空洞にたまった地下水から、ヒ素や六価クロム等の有害物質が検出された
  • 食品は市場滞在時間が短いため危険性は低いが、問題は市場労働者への被害だという
  • 東京農工大学の渡邉泉准教授は、多くの労働者への深刻な健康被害を懸念している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております