国会議員の秘書を17年間務めた作家の朝倉秀雄氏が天下りの実例を告発

記事まとめ

  • 文科省の現職官僚が天下りのあっせんに手を染めていた事実が発覚し退職に追い込まれた
  • 国会議員の秘書を17年間務めた作家の朝倉秀雄氏が天下りの実例を告発している
  • 都内に本部を置くとある大学の顧問の座は、文科省OBの『指定席』と言われていたらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております