都議選に黄色信号?小池百合子を追い込む10の弱点(3)自民党が“除名”処分を下す

都議選に黄色信号?小池百合子を追い込む10の弱点(3)自民党が“除名”処分を下す

都議選に黄色信号?小池百合子を追い込む10の弱点(3)自民党が“除名”処分を下す

 一方、6月1日に小池氏が離党届を提出した自民党も、表面上は静観の構えだが、このまま黙っているわけではない。

「現在まで離党届については執行部は保留の姿勢ですが、都議選中に自民党との対決ムードに利用されるのを防ぐため、何事もなかったように受け流すようです。都議選が終わったら除名処分を下すでしょう」(自民党関係者)

 それだけではない。【6】自民党と都連は「小池潰し」のため、協力態勢を敷いており、「小池包囲網」が本格化するという。

「全国の国会議員の各秘書を東京に呼び寄せ、担当を割りふってサポートさせる。安倍晋三総理(62)も1人区を中心に応援演説に駆けつける予定です」(自民党関係者)

 しかも、自民党内で反小池の急先鋒となっているのが、菅義偉官房長官(68)というのだから始末に悪い。

「何とかファーストという新しい政党は、何をすべきか明確になっていない」

 5月に自民党本部で開かれた都議選の総決起大会で、菅氏が露骨に“口撃”するほどだったのだ。小池氏の都知事就任直後の融和路線から一転、対決姿勢を鮮明にした理由を前出・自民党関係者はこう話す。

「春先に党が独自調査した結果、接戦もしくは議席を取れるというデータが出ました。そこで官邸サイドからは、【7】小池氏の『抹殺指令』も出ています。もともと菅さんが小池嫌いで知られ、徹底的に潰す構えです」

 小池氏の高い支持率を崩すため、菅氏は「決められない知事」のネガティブイメージ作戦を発案したという。豊洲移転を先送りする小池氏を自民党都議らが繰り返し批判。東京五輪の開催経費問題では、小池氏が設置した都政改革本部が「立候補ファイル」の原則を覆して都外自治体に負担を求めると、菅氏がさっそく動いた。

「5月9日、神奈川、千葉、埼玉の知事が安倍総理に直談判しました。この時、『総理に会いませんか?』と声をかけたのが菅さんでした」(前出・自民党関係者)

 知事たちが安倍総理のもとに駆け込んだことで、ますます「決められない」印象操作に成功しているというのだ。

関連記事(外部サイト)