2018年がわかる「激動の核心」<政治>(1)安倍総理3選に「ちょっと待った」

2018年がわかる「激動の核心」<政治>(1)安倍総理3選に「ちょっと待った」

2018年がわかる「激動の核心」<政治>(1)安倍総理3選に「ちょっと待った」

 今年の政治日程で大きな目玉となる自民党総裁選。安倍晋三総理(63)の3選確実と思いきや、キーマン・小泉進次郎氏(36)が「新総理」を担いで「安倍下ろし」に動く!

 昨年10月の衆院選で大勝して、政権運営の基盤をガッチリ固めた安倍総理。民主党から政権を奪還して6年目に突入した。元国会議員の政策秘書で作家の朝倉秀雄氏はこう話す。

「国政選挙で5連勝と結果を残し、当面は『安倍一強』が続きます。野党は再び森友・加計学園問題を追及してきますが、安倍総理が関与した証拠はなく、もはや政権の足元を揺るがす話ではありません」

 9月の総裁選で3選を果たせば、来年11月には在職日数で桂太郎元総理(2886日)を抜いて、歴代最長も見えてくる。それでも、昨秋に共同通信が実施した世論調査では、「総裁選で3選を果たして首相を続けてほしい」が41.0%に対し、「続けてほしくない」は51.2%と、不人気ぶりが明らかに。党内でも倦怠感が漂っていると、自民党の中堅議員が明かす。

「安倍総理の女性ウケの悪さを危惧する議員も多い。支持率を押し上げているのは、にわか景気で就職先が見つかったような若者が中心と言われています」

 不満が鬱積する中、総裁選の対抗馬として意欲を見せるのは、石破茂元地方創生担当相(60)。自派閥は推薦人に必要な20人がかろうじてそろっているだけだが、勝ち目はあるのか。政治ジャーナリストの山村明義氏が解説する。

「石破さんを支えるのは地方票。12年の総裁選でも安倍総理より獲得しており、これから地方回りで票を掘り起こすでしょう。党内的には、所属国会議員は党員を集めるノルマがあるのですが、石破さんは相当党員を集めているという話もあり、存在感を高めています」

 さらに安倍総理にとって障壁となるのは、過去の総裁選で石破氏を支持した小泉進次郎氏だ。山村氏が続ける。

「政権批判の発言も目立ち、進次郎さんは『反安倍』をはっきり打ち出した候補に票を入れるでしょう」

 小泉氏が「石破支持」を表明すれば、安倍総理の楽勝ムードは一気に吹き飛ぶ。政治部記者によれば、

「国民的人気の小泉氏に乗っかる議員は増え、勝負の行方はわからなくなる。石破派の幹部からは、『(早い段階で)石破さんで勝てそうにないとわかれば、進次郎を担ぐしかない』と、なりふりかまわぬ声も聞こえてきます」

 対抗馬として岸田文雄政調会長(60)の名前もあがっているが、立候補には消極的なようだ。

「永田町では安倍3選を支持すれば、政権の『後継者』として指名されるとささやかれています。ただ、それ以前に昨年11月、二階俊博幹事長(78)が二階派関係者から、もし岸田さんが立候補したらと聞かれ、『安倍総理の耳に入ればタダでは済まない。そこまでバカじゃないだろう』と答えたそうです。当然、岸田さんの耳にも届いているでしょう」(前出・政治部記者)

 すでに水面下で戦いは始まっていた。

関連記事(外部サイト)