新潟知事選で自公が自滅 「女性知事いらない」と応援演説

【新潟県知事選】自民党と公明党が推す花角英世候補の応援演説に「女性蔑視」と批判

記事まとめ

  • 新潟県知事選で、自民党と公明党が推す花角英世候補の応援演説に批判が殺到している
  • 花角候補の応援演説で地元の商工会長が「新潟県に女性の知事はいらないんです」と発言
  • 対抗馬の池田ちかこ候補を意識しての発言だろうか、「女性蔑視だ」と反発を招いている

新潟知事選で自公が自滅 「女性知事いらない」と応援演説

新潟知事選で自公が自滅 「女性知事いらない」と応援演説

花角英世氏には大逆風(C)日刊ゲンダイ

自民に大逆風か。10日投開票の新潟県知事選で、自公が推す花角英世候補の応援演説に批判が殺到している。

 5月31日の魚沼市での街頭演説。花角候補の応援に駆け付けた地元の商工会長が「新潟県に女性の知事はいらないんです!」と発言したのだ。対抗馬の池田ちかこ候補を意識しての発言だろうか、「女性蔑視だ」と反発を招いている。

 現地で取材するジャーナリストの横田一氏が言う。

「商工会長の発言は朝日新聞の新潟版でも報じられ、問題になっています。この発言について3日、長岡市で花角候補を直撃したら、隣で聞いていたはずなのに『知らない』と言われました。花角陣営は『女性、男性は関係なく、能力がある人が知事になるべきだという意味だ』と釈明して、火消しに躍起ですが、これで女性票が逃げるのは間違いない。実際、31日の応援演説を聞いていた花角候補の娘さんも『問題があるんじゃないかと思った』と話していました」

 花角陣営に謝罪の予定はないというが、苦戦が伝えられる中、女性蔑視発言が決定打になる可能性もある。

「自民も公明も数人の党職員を現地に常駐させる異例の態勢で臨んでいますが、自民の県連幹部と公明党の折り合いが悪く、選対内部で対立が激化してしまった。菅官房長官が頭を下げてきたので、公明党は和解に応じたものの、依然としてしっくりいっていません。自民内でも県連、花角を擁立した二階派、党本部職員の動きがバラバラで、この選挙はダメだという雰囲気です」(花角陣営関係者)

 自公が勝てば、安倍首相は「信任された」と胸を張り、3選の流れが決まる。国政を左右する知事選の行方に日本中が注目している。

関連記事(外部サイト)