公明党からも会見要求 与党内で狭まる加計理事長“包囲網”

加計孝太郎理事長の説明を求める声がついに公明党内からも 与党内で狭まる”包囲網”

記事まとめ

  • 公明党の井上義久幹事長が「当事者が何らかの形で説明責任を果たすことが必要」と発言
  • 反安倍色の強い石破派を中心に自民党内から会見を求める声があったが、ついに公明も
  • 加計理事長に対する”包囲網”が狭まると同時に、安倍首相も追い込まれているとも

公明党からも会見要求 与党内で狭まる加計理事長“包囲網”

公明党からも会見要求 与党内で狭まる加計理事長“包囲網”

加計孝太郎氏は会見するのか(C)共同通信社

いつになったら会見するのか――。安倍首相の“腹心の友”である加計学園の加計孝太郎理事長(写真)のことだ。愛媛県今治市に新設された獣医学部を巡り、学園側が安倍首相と理事長の“ウソ”の面会を県や市に伝えていた問題で、理事長の説明を求める声が与党内から噴出している。

 公明党の井上義久幹事長が8日、加計問題について「当事者が何らかの形で説明責任を果たすことが、国民の理解を得る意味で必要」と発言。これまで、“反安倍色”の強い石破派を中心に自民党内から理事長の会見を求める声が出ていたが、とうとう公明も同じことを言い出したのだ。

 公明の支持母体である創価学会の中には、加計学園の対応を疑問視する会員も少なくない。それを無視できなくなったのだろう。与党内からの要求で、理事長に対する“包囲網”が狭まると同時に、安倍も追い込まれている。

 腹心の友を差し出すのか、連立を組む「身内」の声を無視するのかの瀬戸際だ。

 ところが、そんなピンチを知ってか知らずか、当の学園は、国会からの文書提出の依頼を受けて、7日の参院予算委にペラ紙1枚を提出しただけ。安倍首相と理事長の面会をでっち上げたことを改めて謝罪したが、「(2人が)会食した事実もない」と回答。紙1枚でお茶を濁そうなんて、国会をナメすぎだ。

「加計理事長は相手に話を合わせてしまう性格だそうです。周囲は、記者からの厳しい質問にちゃんと受け答えできるか不安視しているようで、表に出られないのです」(加計学園関係者)

 とはいえ、このまま記者会見を開かなければ、問題を長引かせるだけだ。

「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏がこう言う。

「去年の3月からずっと加計理事長の説明を求め続けていますが、住民説明会にすら出てきたことがない。フザケタ話ですよ。国会やマスコミに紙1枚で対応する組織のトップが、まともな説明を出来るかは疑問ですけどね」

 会見してもしなくても、安倍首相にとっては頭の痛い話だろう。与党内の反発が高まり続けるのか。腹心の友にかかっている。

関連記事(外部サイト)