安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出

オウム真理教・麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑執行 前夜に安倍首相と上川法相が"乾杯"

記事まとめ

  • オウム真理教の教祖・麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑が執行される前夜の首相の行動が物議
  • 執行前日の5日夜、安倍首相が、執行を命令した上川陽子法相と乾杯していたことが発覚
  • 同席した片山さつき参院議員が写真付きでツイッターに投稿し、批判の声が寄せられた

安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出

安倍首相と法相が オウム死刑執行前夜の“乾杯”に批判噴出

死刑前夜に酒宴(片山さつき議員のツイッターから)

正気なのか――。オウム真理教の教祖・麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑が執行される前日の5日夜、安倍首相が、執行を命令した上川陽子法相らと共に赤ら顔で乾杯していたことが発覚した。ネット上で批判が噴出している。

 安倍首相は同日夜、東京・赤坂の議員宿舎で開かれた自民党議員との懇親会に出席。上川法相や岸田文雄政調会長ら40人超と親睦を深めた。

 この時の様子を、同席した片山さつき参院議員が写真付きでツイッターに投稿。〈総理とのお写真撮ったり忙しく楽しい!〉と呟いている。

 写真では、上川法相の隣で破顔一笑の安倍首相。とても、死刑執行前夜とは思えない。

 さすがに、片山議員のツイッターには、〈どういう神経でどんちゃん騒ぎができるのか〉〈普通は気が沈んで口が重くなる〉〈ゾッとする〉と批判の声が寄せられている。

 安倍首相と上川法相は一体、どんな気分だったのか。翌日、7人を処刑するのに酒を片手に笑顔、笑顔とは……この2人、人としておかしい。

関連記事(外部サイト)