菅・二階ランチ会談で浮足立つ永田町…加速する「4月解散説」の信憑性

菅・二階ランチ会談で浮足立つ永田町…加速する「4月解散説」の信憑性

すきま風?(左から、菅首相と自民党の二階幹事長)/(C)日刊ゲンダイ

やはり解散・総選挙は近いのか――。菅首相が1日、官邸で二階幹事長と約40分間にわたってランチ会談したことで、永田町が浮足立っている。

 待ち構えていた記者団から、解散についての話が出たのか聞かれた二階氏は、「ありません」と即答し、「まあコロナのこういう状態の中で、政府も党も一体になって、協力協調して頑張りましょうということ」と説明した。

「3月29日にも菅総理が議員会館に安倍前総理を訪ねて50分間も話し込んでいた。8日からの訪米を前に意見交換をしたと言っていましたが、解散の話がまったく出なかったとは考えにくい。それから立て続けに、今度は二階幹事長と会談ですから、一気に解散説が広がった。1日午後、武田大臣への不信任決議案を処理する本会議場で会った同僚議員との間でも『4月解散』の話で持ちきりでした」(自民党若手議員)

 1日は木曜日定例の各派閥会合が開かれたが、そこでも選挙が大きな話題になったという。麻生財務相は「気を付けよう、暗い夜道と3回生」と言って、心構えが甘い若手に選挙準備を怠らないよう忠告していた。

 永田町では「4月28日解散」という具体的な日付も流れている。

■外遊前の焦りか

「普通に考えれば、新型コロナウイルスの第4波が懸念されている状況で総選挙なんてやれるはずがありません。しかし、解散権を封じられた首相では党内をグリップすることができない。相次ぐ思わせぶりな会談は、解散が近いとにおわせて求心力を保つ狙いでしょう。菅首相と二階幹事長は以前のような蜜月ではなく、溝が生まれているとも聞きます。解散の相談をするような信頼関係があるのかどうか。あえて人目につく形で会談したのは、盤石な関係をアピールし、“菅降ろし”“二階降ろし”の党内政局を封じるための演出でしょう」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 昔から、首相が外遊で不在の間に政局が動くケースは少なくない。外交に不慣れな菅首相はなおさら不安だろう。その焦りが会談連発に表れているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)