国会議員の「文通費」騒動のご都合主義 与野党で「既得権益」を守っただけだ

国会議員の「文通費」騒動のご都合主義 与野党で「既得権益」を守っただけだ

小林節慶応大名誉教授(C)日刊ゲンダイ

 10月31日の総選挙で当選して10月は1日だけ議員であった者に、法律上、文書通信交通滞在費は「月」単位で支払われることになっているために、1日の在職で1カ月分の100万円が支給され、税金の無駄遣いとして問題になった。もともと、この経費については、課税されない上に報告・公開の義務もなく、国会議員の不明朗な裏金として問題にされていた。

 そこで、今回は「1日で100万円」と世論の批判を浴びたために、与野党間で制度の改正が検討された。

 ところが、自民党は、とりあえず支給を「日割り」にすることにして、その他の改革は後日検討することを提案した。それに対して野党側は、日割り支給に加えて領収書添付の報告等の透明化も今回実現することを主張した。その結果、協議が進まず今国会での改革は断念された。

 何のことはない。要するに、交わらない議論を展開して、与野党ともに「相手が悪い」と非難し合って、結局、現行の税金による裏金を維持しただけのことである。まるで、「権力を私物化した与党」と「商売野党」の出来レースで「議員」としての不当な既得権益を温存しただけである。

 この「文通費」の現状が不明朗な裏金である以上、改正は急務である。だから、国会内の絶対多数を握っている与党に真にやる気がある場合には強行採決を行ってでも「次善の策」であれ成立させてきたのが、いつものやり方である。つまり、少数野党が反対しようと、与党に良心と意思があれば、一歩前進の「日割り支給」法案を通すことはできたはずである。

 野党も、しょせんは議決の際に抵抗できる議席数がない以上、今の全く不明朗な「裏金」状態よりは「日割り支給」の一歩前進案に同意すべきが「健全」野党の採るべき道であったはずである。

 にもかかわらず、与野党ともに、相手のせいにしてこの不明朗な裏金を享受し続けることにしたとは、全く不健全な政治屋たちの談合である。今まで、よほど説明できないかつ「ありがたい」使い方をしてきたのであろう。

 与野党同罪のご都合主義である。


◆本コラム 待望の書籍化! 発売中
「『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

関連記事(外部サイト)