ウクライナめぐり米欧ロが協議開始も…日本の防衛当局は「4月有事」にピリピリ

ウクライナめぐり米欧ロが協議開始も…日本の防衛当局は「4月有事」にピリピリ

独裁者たちの悪巧み(C)AP=共同

 国際情勢がいかにもキナ臭い。ロシア軍の増強で緊張が高まるウクライナ情勢をめぐり、米欧とロシアによる高官協議が始まったが、溝は深まる一方だ。対米関係の悪化でロシアとの連帯を強める中国の動向もリンクし、日本の防衛当局もピリピリ。「4月有事」までささやかれ始めている。

 米国のシャーマン国務副長官とロシアのリャプコフ外務次官は10日(現地時間)、ジュネーブで戦略的安定対話を開いた。ウクライナ国境周辺に約10万人の部隊を展開するロシアは、ウクライナを含むNATO(北大西洋条約機構)の東方不拡大を柱とする条約案の承認などを要求。緊張緩和が先決だと強調する米国は拒絶し、主権国家が同盟国を選択する自由という国際原則を譲らない。

 ロシアと米欧の協議は今週いっぱい続き、12日にブリュッセルで対ロ協力の枠組みであるNATOロシア理事会、13日にOSCE(欧州安保協力機構)の会合が予定されている。

「プーチン大統領はあえて高過ぎるボールを投げているのではないか。ロシアのウクライナ侵攻は既定路線で、南北から挟み撃ちが警戒されている。2014年に併合した南部クリミア半島、ルカシェンコ大統領と盟友関係にあるベラルーシから侵攻する作戦です。開催まで1カ月を切った北京五輪・パラリンピックの閉幕後、4月が節目になる可能性がある。同時に中国による台湾侵攻も懸念されています。現実になれば、在沖縄の米軍基地も標的になりかねません」(防衛省関係者)

 5年ぶりに開かれる今秋の共産党大会で、前例のない3期目入りを目指す習近平国家主席が威信を懸ける北京五輪は来月4〜20日、パラリンピックは3月4〜13日の日程だ。

■日米は中国牽制

 一方、昨年3月以来となる日米2プラス2(外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会)の共同発表では「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促した」と中国を牽制し、「緊急事態に関する共同計画作業についての確固とした進展を歓迎」と明記。「共同計画」には台湾海峡有事が含まれるという。

「中国の動きを支援するため、ロシア軍が北方領土で何らかの行動を起こすリスクも否定できない」(前出の防衛省関係者)

 ロシア軍は10日、クリール諸島(北方領土と千島列島)とサハリンで射撃訓練を行ったと発表。こけおどしではないのか。

関連記事(外部サイト)