水道民営化法が成立 菅義偉官房長官の元補佐官や仏企業の日本法人社長に懸念

記事まとめ

  • 水道民営化法が成立したが、菅義偉官房長官の元補佐官が暗躍していた疑惑が報じられた
  • また、フランスの水メジャー『ヴェオリア』の日本法人社長にも懸念の声があるという
  • この社長は以前、内閣府委員会委員として、民間資金での公共施設運営の旗振り役を担当

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております