費用対効果重視のドナルド・トランプ氏が辺野古に待ったをかける可能性あると元外交官

記事まとめ

  • 安倍晋三政権は、沖縄の民意を無視し、辺野古新基地の埋め立て工事を強行している
  • 米軍元高官が在沖米海兵隊に戦略的な必要性はなく存在理由は米国の経済負担軽減と証言
  • 経済合理性を重視するトランプ大統領が「辺野古やめた」と言う可能性は十分あるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております