ロシア疑惑捜査は灰色決着 トランプ陣営の共謀確認できず

ロシア疑惑捜査は灰色決着 トランプ陣営の共謀確認できず

トランプ米大統領(C)ロイター

トランプ米政権のロシア疑惑を巡り、バー司法長官は24日、モラー特別検察官から受け取った捜査報告書の結論を議会に書簡で報告した。

 最大の焦点だった2016年大統領選でのトランプ陣営とロシアの共謀疑惑について、「トランプ陣営や関係者らが大統領選に影響を与えるためにロシアと共謀したりしたことは確認していない」と結論付けた。

 トランプ大統領が疑惑捜査を司法妨害した疑いについては判断を見送り。司法妨害を犯したとも罪が晴れたとも断定しなかった。

 報告を受けて、野党・民主党は声明を発表。

「報告書は司法妨害の疑いについて大統領に罪がないとはしていないので、報告書の全文と関連の文書を速やかに公開することが必要だ」と指摘した。

 また同党のナドラー議員は今後、バーを議会に呼んで追及していく構えを明らかにしており、トランプと民主党の攻防はまだまだ続きそうだ。

関連記事(外部サイト)