塚田国交副大臣が辞任へ “安倍・麻生道路”への「忖度」発言で詰め腹

塚田国交副大臣が辞任へ “安倍・麻生道路”への「忖度」発言で詰め腹

塚田一郎副大臣(C)日刊ゲンダイ

「忖度」発言で野党側はもちろん与党内からも辞任を求める声が出ていた塚田一郎国交副大臣が5日午前、辞任する意向を固めた。「発言の責任を取りたい」と周辺に伝えた。

 塚田氏は山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備を巡って今月1日、下関市と福岡県が安倍総理大臣と麻生副総理の地元だと言及したうえで、「総理や副総理が言えないから、私が忖度した」と発言。その後、発言を撤回・謝罪した上で職責を全うする考えを繰り返し示していた。

 野党側は、「撤回・謝罪では済まされない重大問題だ」として速やかな辞任を求めたのに加え、与党内からも、国会運営や統一地方選、参院選への悪影響を懸念して、自ら進退判断をするよう求める声が上がっていた。“詰め腹”を切らされた形だ。

関連記事(外部サイト)