フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ノートルダム大聖堂の火災を政治利用か

記事まとめ

  • ノートルダム大聖堂で大規模火災が発生し、「パリの象徴」が燃える姿に泣き崩れる人も
  • 現在マクロン政権への批判が凄まじくマリーヌ・ルペン氏の極右・国民連合の支持率上昇
  • マクロン大統領は火災で国民に一致団結を呼び掛け支持を訴える政治手法を使ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております