米軍F35の3割が部品不足で飛行できず 国防長官代行も酷評

米軍F35の3割が部品不足で飛行できず 国防長官代行も酷評

米F35部品不足で3割飛行不可

米軍F35の3割が部品不足で飛行できず 国防長官代行も酷評

最新鋭ステルス戦闘機F35(C)ロイター

米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35の3割近くが昨年5〜11月、飛行できなかったことが分かった。米政府監査院(GAO)が25日に発表した報告書で明らかになった。

 原因は部品不足。GAOは「要求される頻度のミッションができず、戦闘機の必要要件を下回っている」と指摘。国防総省では4300の部品の修理が未処理だった。

 またF35は常に改良が加えられるため、事前に購入した部品が使用できなくなるケースも多い。すでに購入済みの部品のうち、なんと44%が海兵隊のF35に使用できないというから驚きだ。

 GAOは、F35が各国が参加する国際共同生産の形を取るため、必要に応じた部品供給が極めて困難だと強調。国防総省の管理の不十分さも挙げ、見直しを求めている。

 一方、シャナハン米国防長官代行がこうしたF35の開発計画を「Fucked up(めちゃくちゃだ)」という下品な言葉で酷評していたこともわかった。国防総省監察官が25日に発表した内部調査報告書によるもの。

 安倍政権は悪評ふんぷんのF35を現在取得を進めている42機に加え、計105機を追加する予定だが、ちゃんと国防に運用できるのか?

関連記事(外部サイト)