国民・玉木代表が打診も…小沢一郎氏は要職就任を固辞

国民・玉木代表が打診も…小沢一郎氏は要職就任を固辞

自由党・小沢前代表(左)と国民民主党・玉木代表(C)日刊ゲンダイ

「代表の指示で一兵卒として、できる限りやれることはやりますという話をした」――小沢一郎前自由党代表は8日、合流した国民民主党の玉木雄一郎代表と党本部で会談後、そう語った。

 会談で玉木氏は総合選挙対策本部長代行など複数の役職を打診したが、小沢氏は「役職はいらない」と固辞した。会談に先立ち、党の拡大執行役員会を開き、小沢氏の人事について玉木氏に一任することを決定。玉木氏は引き続き小沢氏に要職就任を求めていく意向だ。

 玉木氏は総合選挙対策本部長も兼ねており、会談では小沢氏が選対関連の役職に就いた場合の権限について協議。小沢氏は共産党を含む野党各党と太いパイプを持つため、他党との候補者調整などに関する役割分担も今後の焦点となる。

関連記事(外部サイト)