姑息な安倍首相「桜を見る会」こっそり経費3倍の後ろ暗さ

安倍晋三首相主催の桜を見る会の経費に姑息さ指摘 寺田心や竹田恒泰氏らが参加

記事まとめ

  • 安倍晋三首相主催の桜を見る会の招待客数はうなぎ上りで、今年は百田尚樹氏らが参加
  • 13日国会で、会の規模が拡大し続け、姑息な不明瞭会計を行っていた事が発覚したという
  • 予算と実際の費用に3倍もの乖離があるといい、人気取りのための支出に後ろ暗さか

姑息な安倍首相「桜を見る会」こっそり経費3倍の後ろ暗さ

姑息な安倍首相「桜を見る会」こっそり経費3倍の後ろ暗さ

招待客は“功労者”らしい…(2019年の安倍首相主催の「桜を見る会」)/(C)日刊ゲンダイ

毎年4月に開催される首相主催の「桜を見る会」。著名人を自分のシンパに囲い込もうということなのか。13日国会で、第2次安倍政権以降、会の規模が拡大し続け、姑息な不明瞭会計を行っていたことがバレた。

 招待客は以前は、1万人前後だったが、安倍政権発足後の2013年以降、うなぎ上り(別表)。今年は、約1万8200人もが参加し、歌舞伎俳優の市川猿之助や子役の寺田心のほか、作家の百田尚樹竹田恒泰ら“安倍応援団”の姿もあった。

 13日の衆院決算行政監察委で宮本徹議員(共産)は「政権に近い人たちをどんどん呼んで、“予算にもない支出”がどんどん増えている」と批判、費用のカラクリを暴いた。

 桜を見る会の支出は、13年3500万円、14年3000万円、15年3800万円、16年4600万円、17年4700万円、18年5200万円だ。人数が増えれば、費用も増えるのは当然で、今年は未確定だが、昨年以上の支出が濃厚だ。ところが、なぜか予算上は、13年以降、毎年1700万円台と横ばいなのだ。

 内閣官房総務課の担当者は日刊ゲンダイの取材に、「このご時世、単純に予算を増やすわけにはいきません。支出が増えても内閣府の“共通経費”でまかなえているので、『桜を見る会』としての名目上の予算は増やしていません」と回答。

 まるで“やりくり上手”だと言わんばかりだが、予算と実際の費用に3倍もの乖離があるのでは、国民をダマしていることにならないか。立正大客員教授の浦野広明氏(税法)が言う。

■姑息な不明瞭会計

「会計の“明瞭性の原則”にもとるやり方でほめられるものではない。毎年、確実に予算をオーバーしている。必要性のある支出なら、〈桜を見る会〉として堂々と予算を増やせばいい。やりくりでつじつまを合わそうとするのは、安倍首相の人気取りのための支出に後ろ暗さがあるのではないか。また、国会は、決算より予算の議論が中心。国会のチェックを警戒して、予算はいじりたくなかった面もあるでしょう」

 どこまでもズルい政権だ。

関連記事(外部サイト)