現職市議が任期を残しアッサリ辞職 ジバン軽視の「現金」な理由

現職市議が任期を残しアッサリ辞職 ジバン軽視の「現金」な理由

より高い報酬目当てに…(大橋昌信・前朝霞市議)/(C)日刊ゲンダイ

【「NHKから国民を守る党」の内幕】(6)

 日本で政治家になるにはジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)の「三バン」が重要だと言われる。

 しかし、NHKから国民を守る党(N国)の候補たちは、簡単に「ジバン」を変える。資金を意味する「カバン」も供託金とチラシ代以外はほぼ使わない。「NHK」というブランドを内包する「カンバン」の威力が絶大なのだ。

 N国が「ジバン」を軽視しているのは、選挙戦略を見れば分かる。代表を務める立花孝志氏(51)自身、次々と地盤を変えているからだ。

 立花氏がN国をつくったのは2013年6月。最初の選挙は同年9月の大阪府摂津市議選で、引っ越しは選挙の3カ月前だった(317票で落選)。14年2月23日の東京都町田市議選も3カ月前に引っ越し。これも1589票で落選。3度目の選挙が15年4月26日の千葉県船橋市議選だ。

「党の人間が14年11月の松戸市議選に立候補し、結構いい票を取った。僕なら事前の政治活動をすれば、いけると思ったんです」(立花氏)

 この時は選挙5カ月前に船橋市に転居。事前の政治活動も行い、2622.939票で初当選を果たした。この落下傘での成功体験がN国の選挙戦略の背骨になっている。

 今年4月の統一地方選では47人を擁立し、26人が当選した。47人の中には、自民党、みんなの党、維新など別の政党で議員を務めた「元職」が6人いたが、全員が地盤を変え、当該選挙区では「新人」として立候補。その結果、4人が当選した。

 驚くのは、7月の参院選に立候補予定の大橋昌信・前朝霞市議(44=写真)の発言だ。大橋氏は4月26日に都庁記者クラブで開かれた会見で、同日朝に朝霞市議を辞職した理由をこう説明した。

「参院選後の柏市議選(8月4日投票)に出るには、今日が転居のギリギリのタイミングだった」

 現職市議が別の市議選に出るために、任期を残して辞職する不思議。筆者がさらに聞くと、大橋氏は堂々とこう答えた。

「朝霞市議は歳費が600万円と安い。党の現職議員は任意ながら毎月党に13万5000円を払う。私は4人家族なので厳しい。柏市の方が歳費が高い」

 当選する気、満々だ。 =つづく

(畠山理仁/フリーランスライター)

関連記事(外部サイト)