仰天情報 立憲・塩村文夏氏が選挙事務所を借りられない?

立憲民主党の塩村文夏氏、選挙事務所を借りられず? “家賃未払い”めぐる裁判沙汰

記事まとめ

  • 立憲民主党の塩村文夏氏に「選挙事務所を貸してもらえないのではないか」という情報
  • 塩村氏は家賃未払いを巡る裁判沙汰を起こし、ブラックリストに載っているという憶測も
  • 「恋のから騒ぎ」出演時には“トンデモ発言”をしていたことが発覚している

仰天情報 立憲・塩村文夏氏が選挙事務所を借りられない?

仰天情報 立憲・塩村文夏氏が選挙事務所を借りられない?

立憲民主党から参院選に出馬予定の塩村文夏(左)と蓮舫参院幹事長(C)日刊ゲンダイ

「過去の家賃トラブルが響いているのではないか」――。夏の参院選に、東京選挙区から出馬を予定している立憲民主党塩村文夏氏(40)。「選挙事務所を貸してもらえないのではないか」という仰天情報が飛びかっている。

 塩村文夏氏は都議時代、質問中に男性議員から「早く結婚した方がいい」とセクハラやじを受けて、全国に名前が知られ、同情を集めた。

 しかし、その後、一般人としてバラエティー番組「恋のから騒ぎ」に出演していた時、「(嘘で)妊娠をしてしまったと、彼に言った」「(一番多くもらった慰謝料は)1500万円」などとトンデモ発言をしていたことが発覚。さらに「茶のしずく石けん」でアレルギー健康被害が問題になった時、<被害者に問題がある>とツイートして批判されるなど、“問題児”扱いされていた。

 そのうえ、選挙事務所の“家賃未払い”をめぐる裁判沙汰まで起こしていた。そのため「不動産業界のブラックリストに載り、選挙事務所を借りられないのではないか」という話が流れているのだ。

 臆測が広がっているのは、今年1月には立憲民主の公認候補として参院東京選挙区から出馬することが発表されたのに、いまだに選挙事務所が決まっていないためだ。

 やっぱり、ブラックリストに載っているため、大家から拒否されて借りられないのだろうか。本人に確認をしようと携帯を鳴らしたが、返事はなかった。立憲民主党の事務局はこう言う。

「たしかに過去、家賃を巡って裁判になりましたが、相手側と和解が成立しています。選挙事務所は6月下旬にオープンします。物件も決まっています。裁判の影響はありません。事務所開きが遅れたのは、統一地方選に専念していたことと、2人目の公認候補が決まるまで動きを控えていたためです。選挙事務所の場所ですか? それは答えられません」

 無事に選挙事務所をオープンできればいいが。

関連記事(外部サイト)