東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

【参議院選挙】安倍晋三首相が応援演説に入った27人の内、14人が落選する可能性

記事まとめ

  • 参議院選挙の公示以降、安倍晋三首相は27人の候補に対して応援演説に入っている
  • しかし、当落線上が6人で劣勢が8人らしく、14敗の可能性もあるとする報道もある
  • 東北は自民の2勝4敗という見通しらしいが、青森は陣営の緩みが懸念されているという

東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

大沼瑞穂候補の応援演説をする安倍首相(C)日刊ゲンダイ

終盤戦に入った参院選。3連休の情勢調査を受け、自民党は15日最終の「重点区」を指定、安倍首相ら幹部がテコ入れする選挙区を検討したようだ。「メディアの議席予想は甘い。選挙区のデータも自民党候補の数字が良く出過ぎて、陣営が緩んでいる」(自民党ベテラン議員)と、危機感を強めているという。

 4日の公示以降、安倍首相が応援演説に入った27人の現在の情勢は別表の通り(政治評論家・野上忠興氏の分析などを参考に日刊ゲンダイが予想)。党のトップは戦況の厳しい選挙区に行くのが常とはいえ、当選圏内と優勢は13人。当落線上が6人で劣勢が8人、つまり最悪14敗の可能性もあるということだ。

 鬼門の東北は依然、苦戦中。最終の4日間で安倍首相は宮城、岩手、青森、秋田を回り、2度目の遊説を行う予定だ。山形に行かないのは、諦めたからなのか。

「東北6県は福島と青森が優勢で、自民は2勝4敗という見通しですが、接戦から抜け出した福島と対照的に、公示前から調子のよかった青森は陣営が緩み切っていて、懸念が増しているようです。下手すると1勝5敗もあり得ますよ」(野上忠興氏)

 その他の1人区については、自民は長野と沖縄に続き、愛媛でも白旗を揚げた様子。一方で、「三重で自民が追い上げてきている。地元の岡田克也衆院議員の影響力が低下しているのではないか」(自民党関係者)という見方もある。

■「劣勢」は岸田派が最多の3人

 複数区については、北海道、千葉、東京は2人目が当落線上。2人擁立した広島での2議席独占も厳しそうだ(7ページに「激戦区ルポ」)。

「2人目については、北海道で赤信号がともった。千葉も取りこぼすかもしれない」(前出の自民党関係者)

 劣勢8人のうちの3人が、岸田派に所属する現職だ。

「3人とも落とせば、岸田政調会長は肩身が狭い。求心力の低下は否めない」(前出の自民党ベテラン議員)という声も聞こえる。

 “忖度”候補を新潟で抱える麻生派も東京と千葉の2人目を落とせば3敗だ。

関連記事(外部サイト)