進次郎氏結婚で“ご祝儀入閣”確実か わざわざ首相官邸で発表のウラ

【小泉進次郎議員と滝川クリステル結婚】安倍晋三首相が進次郎氏をめぐり思惑か

記事まとめ

  • 小泉進次郎議員が滝川クリステルとの結婚を、首相官邸で発表した
  • 山本太郎代表は「政治的なにおいがぷんぷん」と発言、首相がさせたとのうがった見方も
  • 安倍首相は進次郎氏を官房副長官にすることで、石破茂氏との引離しや支持率UP狙いか

進次郎氏結婚で“ご祝儀入閣”確実か わざわざ首相官邸で発表のウラ

進次郎氏結婚で“ご祝儀入閣”確実か わざわざ首相官邸で発表のウラ

報道陣は“寝耳に水”だった(C)共同通信社

フリーアナウンサー・滝川クリステル(41)との「妊娠・結婚」を首相官邸で発表した小泉進次郎衆院議員(38)。安倍官邸も支持率アップにつながると、大歓迎しているという。早くも9月の内閣改造で“ご祝儀入閣”するとの情報まで流れ始めた。

  ◇  ◇  ◇

 進次郎氏は7日午後、安倍首相と菅官房長官に結婚報告した後、官邸で報道陣に対応。「よろいを着たままという環境が続いてきたが、不思議と彼女といると、よろいを脱いでいいんだなと思えた」とノロケてみせた。8日に婚姻届を提出する。6月には既に、父・純一郎と兄・孝太郎には伝えていたという。

 なれそめについて、滝川はSNSで〈進次郎さんとは、数年ほど前に友人として知り合うご縁があり、良き友人として過ごしていました。しかし、昨年から徐々に友人としてではなく、人生において大事なパートナーという存在に自然と変わっていきました〉と書いている。女性誌や写真週刊誌によると、滝川は2013年末に都内マンションで俳優の小沢征悦と同棲を開始。しかし、15年3月に破局報道が出ていた。一方、進次郎氏は15年8月、復興庁の職員だった女性と高級ホテルでの“密会スキャンダル”で騒がれた。

 今回の「妊娠・結婚」は、どのメディアもノーマークだった。進次郎氏はブログに〈恋愛中に外で会ったり、一緒に移動したこともなかった〉と投稿したが、よくマスコミにバレなかったものだ。

「議員宿舎や実家は、定期的に記者が張り込んでいるし、ホテルで密会しても超有名人の2人が行けば、すぐにバレてしまう。進次郎は地元・横須賀にタワマンを借りていて、そこで極秘で会っていたのではという話も出ています。進次郎は同期の議員にすら携帯番号を教えないほどの秘密主義。プライベートを徹底的に守ってきたのが奏功したのでしょう。ほとんど知られていませんが、進次郎は、過去にも女子アナと結婚を前提に付き合っていた。女子アナ好きなのかもしれません」(永田町関係者)

 このタイミングでの発表について、進次郎氏は「計算じゃない」と語ったが、実際は綿密に計算していた可能性がある。

「国会会期中や、参院選の前後は避けたのでしょう。ただ、先送りしていると滝川さんのお腹が大きくなり、バレてしまう。この時期なら大半の週刊誌がお盆休みで合併号となり、発行自体がないので、アレコレ書かれるリスクも低いとみたのでしょう。それと、滝川さんはビールのCMに出演している。妊婦となったのでアルコールのCMはもう放映できない。スポンサーに迷惑をかけないように慎重に時期を選んだのでしょう」(メディア関係者)

■なぜわざわざ「首相官邸」で発表したか

 それにしても、なぜわざわざ官邸で会見する必要があったのか。妊娠・結婚はあくまでプライベートなことだ。首相官邸は公的な施設。さすがに、「何か政治的なにおいがぷんぷんする」(れいわ新選組の山本太郎代表)との声も上がっている。だからか、「安倍首相、菅長官サイドが官邸で会見させた」(永田町関係者)とのうがった見方まで出ている。

 進次郎氏から結婚報告を受けたと華々しく報じられれば、安倍官邸にとってプラスに働くのは間違いない。進次郎氏は9月中旬に予定される内閣改造で入閣間違いなしとみられている。政治評論家の有馬晴海氏はこう言う。

「今回の一件がなくとも、9月の改造で進次郎氏が入閣する可能性は十分あるでしょう。安倍首相としては今後、最大の目標である改憲に取り組まなければなりませんが、ハードルは高い。低支持率ではとても実現できませんから、人気者の進次郎氏を閣内に置いておきたいと考えてもおかしくありません」

 一方、「まずは官房副長官を経験させるのでは」(官邸事情通)との見方もある。

「安倍首相は、進次郎を官邸に入れて取り込むつもりだろうとみられている。官邸に入れてしまえば天敵である石破茂と引き離すこともできる。また、午前の会見は菅長官に任せ、午後の会見は副長官の進次郎にやらせるということも可能です。進次郎を表に出して支持率アップを狙い、来夏の五輪後に想定されている内閣改造時に、閣僚に就任させるという筋書きです」(前出の官邸事情通)

 一番喜んでいるのは安倍官邸なのかもしれない。

関連記事(外部サイト)