原子力規制委 福島原発処理水の海洋放出を東電などに再要求

原子力規制委 福島原発処理水の海洋放出を東電などに再要求

(東京電力提供)

ため続けてきた東京電力福島第1原発から発生する「処理水」が、いよいよ海に放出されることになるのか。原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の記者会見で、処理水を希釈して海に放出するよう、改めて東電などに求めた。

 原発から日々発生する汚染水を処理した後の水には、除去できない放射性物質「トリチウム」が含まれている。現在は原発構内のタンクで保管されているが、その量は増え続け、東電は今月8日、「2022年には限界になる」との試算を公表。処分方法としては、トリチウムの濃度を薄めて海に放出する方法が検討されているが、福島県漁連などは風評被害を懸念して反対している。更田氏は「処分方法が決まったとしても準備に少なくとも2年はかかる」と指摘。意思決定の期限が近づいていると強調した。

 一方、処理水の扱いに関しては、韓国政府が日本政府に事実関係の確認を求めている。更田氏は会見で「外交問題なので見解を述べる立場にない」と語った。

関連記事(外部サイト)