黒田東彦総裁が「長期金利1%上昇で23兆円含み損」と明かし、日銀の債務超過に現実味

記事まとめ

  • 黒田総裁が前原誠司氏の質問に答える形で「長期金利1%上昇で23兆円含み損」と明かす
  • 「仮に23兆円の“損失”が生じれば、日銀は10兆円を超す債務超過に陥る」と市場関係者
  • 債務超過に陥れば「日本円の信用はガタ落ちし、日本国債暴落の始まり」との指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております