「共謀罪法案」が衆院本会議で可決 民進党は審議拒否せず"与党の補完勢力"との声も

記事まとめ

  • 「共謀罪法案」が衆院本会議で可決されたが、民進党は本気で阻止する気がないという
  • 自由と社民は本会議を冒頭から欠席したが民進は、共産とともに出席し、反対票を投じた
  • 野党第1党の出席で与党に「強行採決ではない」と言わせる材料を作ってしまったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております