「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

高市早苗総務相が山本拓氏と離婚、25年前に刊行した自伝的エッセーで“肉食伝説”暴露

記事まとめ

  • 高市早苗総務相が19日に14年連れ添った山本拓衆議院議員との離婚を発表した
  • 結婚当初から「“肉食女子”の高市氏が山本さんを選ぶとは」とささやかれてきたそう
  • 1992年に刊行した自伝的エッセーでカンヌでの情事まで洗いざらいブチまけているという

「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

内容は赤裸々そのもの(C)日刊ゲンダイ

〈たくさん恋をした。人生の節目節目に男性と出会い、悲しい別れもあった〉――今から25年前、高市早苗総務相(56)が31歳の頃の告白だ。

 19日に14年連れ添った山本拓衆院議員(65)との離婚を発表。結婚当初から「政界きっての“肉食女子”とみられていた彼女が10歳上の冴えない山本さんを選ぶとは」と政界関係者の間ではささやかれてきたが、高市大臣の“肉食伝説”がうかがえる「幻の本」がある。

 1992年の参院選に初出馬(落選)する1カ月前に刊行した自伝的エッセー、「30歳のバースディ その朝、おんなの何かが変わる」(大和出版)だ。

 プロローグで〈恋の話をいっぱい書くことにした〉〈「頭の中は恋のことでいっぱい」のプライベートライフには呆れられてしまうかも〉と宣言した通り、男性遍歴を赤裸々に記している。驚くのは〈お酒の思い出といえば、地中海で、海の見えるホテルの部屋で、飲みィのやりィのやりまくりだったときですね〉と、カンヌでの情事まで洗いざらいブチまけていること。

〈それでウフフフフ……。朝、寝起きに熱いシャワーを浴びながら、彼が選んでくれた極上の赤ワインをいきなり飲み始める。バスローブのまま〉〈ルームサービスを食べるときも当然、ベッドで裸の上にブランケットを巻いたまま〉〈彼がすばらしいテクニックを持っていることは言うまでもない。トコトン、快楽の境地におぼれられる相手じゃないと話にならないわけ>――やれやれ。

 全編これ、バブル臭が漂うが、気になるのは、高市大臣が恋に落ちる男性の特徴だ。本編には7人の交際男性が出てくるが、年上と分かるのは1人きり。執筆当時も年下男性と付き合っていたようで、〈三〇歳を過ぎて二五歳の若いピチピチした男の子をたぶらかすなんて、犯罪じゃないかという気がしていた〉〈でも、私は二〇代のときよりもいまのほうがいいカラダをしているかなって思う〉と打ち明けている。

 やはり10歳上の山本氏には荷が重すぎたか……。

関連記事(外部サイト)