トランプが「ハローも言えない」 昭恵夫人“本当の英語力”

トランプ米大統領が「ハローも言えない」と指摘した安倍昭恵夫人は英語科を卒業

記事まとめ

  • トランプ米大統領が安倍晋三首相の妻・昭恵夫人について「ハローも言えない」と語った
  • 昭恵夫人は聖心女子専門学校の英語科卒業だが、トランプ氏に尻込みしたとの見方も
  • 2014年にNYで開かれた防災シンポジウムで、昭恵夫人はふつうに英語を話していたという

トランプが「ハローも言えない」 昭恵夫人“本当の英語力”

トランプが「ハローも言えない」 昭恵夫人“本当の英語力”

専門学校の英語科卒だが…(C)日刊ゲンダイ

 英語版“アッキー節”は炸裂しなかったらしい。

「ハローも言えない」――。トランプ米大統領がNYタイムズ紙のインタビューで、安倍首相の妻・昭恵夫人をこうコキ下ろした。ドイツで行われたG20首脳会議の際に開かれた夕食会での一幕を振り返り、昭恵夫人の印象について「彼女は英語を話さない」「1時間45分も席に着いていなきゃいけないから大変だった」と感想を漏らしたのだが、果たして英語力はどのくらいなのか。

 昭恵夫人は、2年制の聖心女子専門学校の英語科を卒業している。同校の英語科は、2年間の総授業時間数が2000時間超。うち85%が英語科目を占めるから、いくら何でも「ハロー」ぐらいは言えるだろう。

 同校に昭恵夫人の英語力について問い合わせると、「個人のプライバシーにかかわるのでコメントは控える」(広報担当者)との回答だった。

■昭恵夫人に直撃すると…

 昭恵夫人は2014年9月25日、NYで開かれた防災シンポジウムに登壇し、英語でスピーチ。ネットに投稿された当時の動画を見ると、ペーパーに目を落としたままの棒読みとはいえ、ふつうに英語を話している。15年4月に米議会での演説で「レデース……アン、ジェントゥルメン」とヘタ丸出しの首相よりはかなりマシだ。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

「昭恵夫人が英語科を卒業したのは約30年も前のことです。語学力というのは、日常生活で頻繁に話すようにしないと、徐々にさびついていくものです。食事会などの場で交わすフランクな会話ほど、慣れていないと言葉が出てきません。しかも相手はトランプ大統領です。昭恵夫人は軽率なことは言えないと尻込みしたのでしょう。やはり、英会話にあまり慣れていないのかもしれません」

 トランプ発言に対して昭恵夫人はどう思っているのか。携帯に連絡すると、「はい、安倍昭恵です。ただ今電話に出ることができません。後ほどご連絡差し上げます」と生声の応答メッセージが流れただけ。留守電を残したが、返答はなかった。

 英語力は乏しくても構わないから、日本語で森友、加計問題の真相をぜひ、公の前で語ってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)