加計学園「獣医学部校舎」が貴重な文化財古墳を大破壊

加計学園獣医学部、来春開学に向けて工事 前方後円墳「高地栗谷1号墳」を破壊し建設

記事まとめ

  • 愛媛・今治市に校舎を建設中の加計学園獣医学部は来春開学に向けて工事が進んでいる
  • 建設地は前方後円墳が発掘された場所で、校舎は古墳を破壊して建てられるという
  • 市教委に確認すると「保存状態があまり良くなく、記録保存とした」と説明した

加計学園「獣医学部校舎」が貴重な文化財古墳を大破壊

加計学園「獣医学部校舎」が貴重な文化財古墳を大破壊

埋葬者もビックリ?(C)日刊ゲンダイ

 安倍首相の「腹心の友」である加計孝太郎氏が理事長を務める「加計学園」が愛媛・今治市に校舎を建設中の獣医学部。来春の開学に向けて急ピッチで工事が進んでいるが、実は建設地は、市内でも貴重な歴史的文化財が発掘された場所だ。6世紀後半(古墳時代後期)の前方後円墳「高地栗谷1号墳」で、獣医学部の校舎はその古墳を破壊して建てられるのだ。

「高地栗谷1号墳」は市が2003年に一帯の発掘調査を行った際に見つかった。全長約30メートル、後円部の直径約18メートル、前方部の長さ約12メートルで、愛媛県内でも珍しい装飾用の水晶玉や馬具、須恵器の高杯形器台などが出土。市教委は当時、「地域の首長クラスが埋葬されていたのではないか。貴重な発見」と高く評価。文化振興課のホームページでは今も、その貴重な資料が閲覧できる。

 ところがだ。今回の加計学園の獣医学部建設工事では、その貴重な古墳=墓は跡形もなくブッ壊され、「大動物実習棟」や「動物教育病院」などが建つ。市教委に確認すると「発掘した時点で、すでに保存状態があまり良くなく、記録保存とした」(文化振興課)と説明するが、埋葬者は草葉の陰でビックリ仰天しているに違いない。

 建設地では他にも「高地栗谷V遺跡」や「高地栗谷T遺跡」なども見つかっているが、すべてパー。これでホントにいいの……?

関連記事(外部サイト)